読書案内 「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」池田 千恵 著(マガジンハウス ¥1400)

1 私は基本的に朝5時に起きて7時までの2時間を法律、社会、語学の勉強に当てています。

その間に事務所報の原稿も万年筆で書きます。この本を書店で見かけて気になり読みました。

著者は、大学を2度失敗し、OLとしても落ちこぼれた人だと自分のことを言っています。

それが朝4時起きをして新しい人生のスタートが出来たという人です。

 

2 内容については、朝4時に起きて、仕事の準備を充分にして、早く出勤してやり出したら、

うまく行くようになったというもので、手帳の書き方や文具などの紹介をされています。

努力されている人だなと思いますね。私は朝5時に起きて仕事の準備はしませんね。

仕事は原則として朝9時30分頃から、夕方6時までしかしないと決めています。

その代わりに、土曜日も同じように夕方までやっていますね。

 

3 この本を読んでいて、ふと気がついたことがありますね。

中年の女性と話していて、この人はなかなか頭がいいなと思う時があります。

しかし、残念ながら知識が無いなと思うことがありますね。

もっと色々なことをこの人が勉強したら素晴しい人になるのではと思います。

そういう時に例えば、主婦だから忙しいのでそんな勉強する時間は無いわといわれると思います。

しかし、案外、朝寝坊しているだけで、早朝を無駄にしているのではないかと思いますがどうでしょうか。

私は早朝のTVの語学番組を見ることを推薦することがありますが、やってみたらどうでしょうかね。

きっと、新しい文化に触れることができます。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ