コラム「赤ワイン」

私は1年前位から酒を飲むのをやめました。

ビールと日本酒は一切飲んでいません。

但し、赤ワインは例外です。

ワインは紀元前2000年前からつくられているものです。

メソポタミア文明の文献に記述があるそうです。

 

私は特に赤ワインを飲んでいます。

赤ワインは黒ぶどうを潰して、皮や種子、果肉などをまぜた果汁を

タンクに入れて発酵させたものです。

皮から赤い色素のアントシアニンが種子からは渋みのもとになるタンニンが出ます。

発酵が終わると液体だけを取り出して、さらに樽に入れて熟成させます。

(白ワインは白ぶどうを搾って果汁だけを発酵させたもの)。

フランス人は、肉やバターを食べるのに心臓病による死亡者が少ないので

何故かということになりました。

それはワインの中に含まれるポリフェノールが動脈硬化を防いでいるからだそうです。

 

ポリフェノールはアントシアニンやタンニンなどの総称で、

これが悪玉コレステロールの酸化を防ぎ心臓病の予防となるそうです。

特に赤ワインは緑茶の5~6倍だそうです。

その他、認知症にも効果があり、5~6年寝かせたワインが特に良いそうです。

そういうことで赤ワインを飲んでますが、

時々、飲み過ぎになるので、やや注意はしています。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ