コラム「麻婆豆腐」

事務所のみんなとよく「麻婆豆腐」を昼食に食べることがあります。

店によって味が少し違いますね。

中国に行った時も、北京、上海でも食べたことがありますが、

やはり四川省の成都が本場で、そこでも食べたことがあります。

 

成都には「陳麻婆豆腐」という元祖の店があります。

ところで何故麻婆豆腐という名前か御存知ですか?

アバタの意味の「麻」と「婆」は女房とかおかみさんの意味があります。

つまりアバタのおかみさんの豆腐なんです。

成都の「アバタのおかみさん」の店の豆腐料理なんです。

成都は夏は暑いし冬は寒い所ですが、

激辛料理を食べて新陳代謝をはかるために作られたと言われています。

この香ばしい料理は私の好きな料理のひとつです。

 

豆腐料理は日本にもありますね。

有名なのは京都の南禅寺の近くの店ですね。ずいぶん違いますね。

麻婆豆腐は辛くて子供は食べられない大人の料理ですね。

ネギやニンニクの香りのついたものに胡椒をふりかける料理の方が私は好きですね。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ