コラム 「子を励ます使命」

昨年、父が亡くなって、母はひとりになった。

半年間の看病疲れも漸く癒えてきたようで、血液検査の結果も万全であった報告が最近あった。

実は、私は、毎日午前中に岐阜の母に電話して様子を聞いている。

こういう習慣はもう10年以上続いているのである。

 

電話の中身は、苦しい報告、楽しい報告など色々である。

そこで、思い出したのが30年位前になるかな…私は、何度も何度も司法試験に落ちている頃である。

携帯電話なんかない時代なので100円玉を入れて公衆電話から実家の方に電話していた。

失意のときが殆どであったが、その度に励ましてくれたと思う。

 

つくづく思うのだが、自分の最後の味方はここにいるんだという心の安定感があった。

そこで、ヨロヨロしながら、なんとか試験を続けてきたと思う。

親とは、そういうものなのだなーと思う。

この励ましがなければ、弁護士になることができなかったと確信する。

 

「子を励ます使命」が親にあると思う。

 

朝、小2の息子が一生懸命ご飯を食べているのをじっと見ていると思う。

これからの人生、いろいろ困難があるけれど、お父さんが励ましてやるから悔いのない人生を

送ってくれと。

そういって見ていたら、牛乳はこぼすやら、おかずは落とすやら…水筒は紛失してくるやら…

傘は壊してくるやら…。

 

昨夜、遅くまで蝉の脱皮を見ていて、少し眠そうだが…。

そう、人間もこの脱皮が大変なんだよ。脱皮しないと「大人」になれないんだよ。

このことが分からない人がいるから、イロイロあるんだけどね。

  mae  

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ