コラム 「好きな番組~新・日曜美術館~」

20年以上、継続的に視ているTV番組があります。

NHKの新・日曜美術館という番組で 日曜の朝9時と夕方の8時から2回放送しています。

御存知かどうか分りませんが、日本、外国の画家の業績をさまざまな角度から紹介してくれる

番組で、一番好きな番組です。

画を通して画家の人生観が非常によく分り、心が洗われます。

今月(9月)は番組30年の記念ということで、これまでの番組の歴史が紹介されています。

そうか、30年前からの番組なんだと気がついた訳です。

 

すばらしい絵画が紹介され、私としては年齢のせいか、最近日本画に魅力を感じるようになりましたね。

絵を描いて人生が送れたらいいなーと憧れるのですが、やはり、作家としての苦悩があると思うと

それも恐ろしいと思います。

 

ゴッホにしてもその人生が裕福なものでもないことはよく知られています。

また、紹介された画家の中には逝してしまった人も多いです。

20歳前に死んだ画家もいて、とてもすばらしい作品を残しています。

 

いったい自分は何を残せるのか。

 

遺産相続で親戚同士が必死で物を取り合うような相続人と相続財産だけは残したくない

ような気がします。

 

私の生き方や精神を少しは理解し、それを承継してくれればいいなと思います

(といってもそんな大それた生き方でも精神でもないのですが…)。

 

今回、この番組に興味を持たれたなら、あいつもこの日曜には、これを視ているんだなと

思って、一度、今度の日曜にご覧下さい。

   mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ