コラム3
c21
確か、サッカーのワールドカップのようなものが日本と韓国で共同開催された年でした。
私と嫁と赤ん坊だった子供を連れて、嫁の父母とソウルに行きました・・・
     click

 

c22
アメリカでは、成人の5分の1の人々がダウンシフターになっているという事が本に書いてあった
(岩波新書963「働きすぎの時代」 森岡孝二著)。ダウンシフターとは減速生活者という意味で、
アメリカでも働きすぎと浪費が蔓延している・・・
     click

 

c23
最近、驚いた事があります。隣の国の韓国での自殺者数が、日本を抜いたことです。
もちろん、人口は日本の方が多いし、年に3万人以上であるが、それを抜いてしまいました・・・
     click

 

c24
実は、私は、朝などの「挨拶」が大の苦手です。朝などハキハキ「挨拶」する人をみるとすごいなーと
思ってしまうのです・・・
     click

 

c25
時々ですが、何故そんなに読書するのですかと聞かれることがあります。ふと考えると確かにそう
です。別に試験がある訳でもなく、頭がよくなるという事もないです・・・
     click

 

c26
日本の将来について不安な材料が連日のように報道されています。いつの時代も、その時代の状況
を嘆く報道はつきないものです。老人が若者をなげき、若者は大人に反発(反発しなくなったか?)す
るという図式はそんなにかわりません・・・
     click

 

c27
耳糞のことについて書きたい。実は、私は耳をほるのが好きである。
台湾に行ったときとか、上海に行った時に耳をほる有料サービスがマッサージについてくる・・・
     click

 

c28
2~3年前のことです。我が家に岐阜の養老の田んぼの中で捕まえたナマズがいました。
10cm足らずの体で元気に泳いでいましたね。エサはメダカでした・・・
     click

 

c29
先回のコラムでは耳糞について書いたので、今回は鼻水について書きます。
花粉症の人が鼻水を出して、鼻をかんでいましたね・・・
     click

 

c30
一昨年になりますが、父が死去したことによる私の中の喪失感があまりありません。
私にとって子供の頃から働いて成育してくれた父は大切な人だと思っていますが、喪失感があまり
なく、年もとっているのでそれなりに生きてよかったじゃないかと思ってしまいます・・・
     click
 mae tugi

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ