コラム 「生きがいとは?」

最近、驚いた事があります。隣の国の韓国での自殺者数が、日本を抜いたことです。

もちろん、人口は日本の方が多いし、年に3万人以上であるが、それを抜いてしまいました。

韓国社会では今、「両極化」といって、「格差」の問題が重大な社会問題になっています。

労働者の半数が非正規社員で、正社員に比較して収入が半分以下の状況になっているそうです。

そんな中で、自殺者が、この数年、おそろしい上昇をしているということです。

日本も非正規社員の数がかなり上昇していますが、同じようにならないといいと思って

いますね。

 

神谷美恵子さんという精神科医の書かれた「生きがいについて」という本

(みすず書房¥1500)を読んでいます。

 

人間にとって「生きがい」は大切ですね。

社会的に高い地位についた人が突然、ビルから飛び降りたという話も聞きますが、

私自身、東京高裁の優秀な裁判官が飛び降り自殺されたことを知っています。

「とてつもないお金持ち」が「大変不幸である」というケースがあることは裁判などを

通してよく経験していることです。

とにかく、「生きがい」を見つけて幸せな人生を送ることは大切なことだと思います。

私もこのテーマについて考えているところです。

  mae  

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ