コラム 「ザ・ナマズン」

2~3年前のことです。我が家に岐阜の養老の田んぼの中で捕まえたナマズがいました。

10cm足らずの体で元気に泳いでいましたね。エサはメダカでした。

 

最初はそうでもなかったのですが、食欲が出てきて、100尾位のメダカを2~3日で

全て食べるようになりました。

体の方も15cm位にはなったでしょうか。

そのうちに100尾を1日で食べてしまうようになり、体も20cmを超えるようになりました。

エサもメダカから金魚になっていきました。

水槽に10尾ほどの金魚を入れておくと夜の間に5~6尾を食べてしまいます。

 

エサ代がすごくかかるようになってしまいました。

そればかりか、うちに遊びにきた近所の子供たちが金魚をエサにしているのを見ると

「かわいそー」とか言い始め、社会的圧力(?)がかかりはじめました。

それでも腹を空かせたナマズはイライラしたようでした。

その結果、なんと、ナマズは、水槽に同居していたウーパールーパーの足と手を食べて

しまいました。

 

ウーパールーパーは肌色で10cm位のおたまじゃくしのような生物で、手と足があります。

私が、水槽をのぞき込んだら手と足のない肌色のおたまじゃくしが、死にそうに水中に

ただよっていたではありませんか・・・

 

これは一大事ということになり、エサ代もかさんでくることもありナマズ

(我が家では「ナマズン」と言っていました。)に郷里に帰ってもらうことにして、

その25cm位になった巨体を岐阜の川に放流することになりました。

 

川に放ったら、元気よく泳いで行きました。

今では2メートルにはなっているのではないか??と思っています。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ