コラム 「円谷幸吉選手」

私が小学校6年の時(昭和39年)に、東京オリンピックが開催されました。

この頃のことはよく覚えています。マラソンで日本男子の円谷幸吉選手が銅メダルをとりました。

この選手は、2位でスタジアムに入場してきたのですが、スタジアム内で抜かれて3位になった

のもテレビで見たことがあり残念に思ったことも覚えています。

確か、円谷選手は自衛隊員だったと思います。

次は、金メダルだということでマスコミも期待した記事を書いていたと思います。

 

ところが、この人、昭和43年に自殺してしまいました。

その時の遺書がみつかり新聞に載りました。

私は中学3年でしたが、その新聞を読んだことがあります。

そのことを御存知の方も多いと思いますが、偶然、ある本で、それをみつけましたので末尾に

載せたいと思います。

「父上様、母上様、幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません。」というところは

泣かせますね。誰でもそういう気持ちになることはあると思いますね。

何回も模試で優秀な成績であったのに最初の試験から落ちてしまった司法試験のことを思い出

しますね。

 

「邦彦はすっかり疲れ切ってしまって勉強も続けられません」という気持ちでしたね。

日比谷公園を東京地裁に行くときに通るといつも思い出してしまいますね。

そういう時は、身も心も疲れているのですから、休むことですね。

弁護士になってからも似たような疲労を感じたことは2~3回ありました。

 

父上様、母上様、三日とろ 美味しうございました。干し柿、もちも美味しうございました。

敏雄兄、姉上様、おすし美味しうございました。

勝美兄、姉上様、ブドウ酒、リンゴ美味しうございました。

巌兄、姉上様、しそめし、南ばんづけ美味しうございました。

喜久造兄、姉上様、ブドウ液、養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうございました。

幸造兄、姉上様、往復車に便乗さして戴有難とうございました。モンゴいか美味しうございました。

正男兄、姉上様、お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ