コラム 「小樽旅行」

平成21年6月末、午前10時頃ですかね、JR高島屋の東口を歩いていました。

そうしたら出口の所に、いきなり人が落ちてきて、ドサッという大きな音がしました。

まだ、若そうな男性でした。周りに人だかりができて、交番の警官がやってきました。

外傷は見られませんが、動きもありません。こういう光景はあまり見ることができません。

自殺かも知れませんが、先を急いでいましたので、そのまま名鉄駅の方へ行きました。

 

毎年3万人以上の人が日本では自殺するそうです。毎日100弱の人が自殺するのか・・・

などと考えています。

そんなに死に急ぐこともないと思うんですが・・・。いずれ、誰でも死がやってきます。

そういうことを考えながら名鉄特急に乗りながら東岡崎に行きました。

思えば、この歳になると色々な人が死んでいったな・・・と感慨にふけっていました。

 

7月の初めの土日に、平成17年度に弁護士会役員経験者の東京3会、大阪、愛知の5会の

メンバーで、小樽旅行に行って参りました。これまでも5回ほど行きましたね。

沖縄、長崎平戸などに行きました。

愛知は他の会の人たちと比較して若い方です。

東京大阪は重鎮と言ってもいい人が何かおられ、かなり色々な情報をもっておられ勉強になりますね。

ところで、小樽には、もう何回も私は行っていますが、運河のことや北一ガラスのことは話すのをやめます。

 

夜の飲み屋さん街について書こうかと思います。小樽には花園町というところがあり、多くのスナック

があります。キャバレーとか高級クラブはないですね。中小のスナックが殆どです。

大体、ママを入れて3~4人というくらいの女の子(と言っても、アラフォーが多い)がいるという感じで、

大体がカラオケがあります。私自身7~8店を覗いた統計です。

 

小樽は観光地なので、一見客用の店が多いかとも思いましたが、地元の人が多い感じでしたね。

大都会の店とは雰囲気が少し違いますね。ただ、とても店舗数が多いところには驚きましたね。

小樽に行かれたら、行って見られるといいと思います。料金も席料3000円位で安いですよ。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ