コラム 「税金について」

東日本大震災のための増税が議論されていますが、税金について少しお話したいと思います。

税金といっても国の分と地方の分があります。

平成21年度予算をホームページから見ますと、合計84兆5756億円あります。

その3分の1が所得税、住民税等の個人所得税です(33,6%)。

5分の1が法人税、法人住民税等の法人所得税です(20,9%)。

 

つまり、所得税関連で54,5%です。

あと固定資産税とか相続税等の資産税関連で16%、残りが消費税で29,6%です。

(相続税は、1,8%しかありませんので注意して下さい。だから、相続税を増やす税制改正が進んでいます。)

 

法人税が下がったり、個人の収入が下がると所得税関連分が下がり、消費税を上げようという

方向になりますね。国により、消費税がとても高い国もありますね。

ところで、企業はどういう風に税金を払っているかということですが、トヨタ自動車の分ですが、

これもホームページにあるのですが、2007年4月1日から2008年3月31日までの分です。

売上は26兆2892億円もあります。利益は2兆2703億円余です。

 

しかし、税金を引かれると純利益は1兆7178億円となります。約3割が税金です。

かなり大きいですね。

たまにはこういう大きな、日常生活に縁のない数字を考えるのもどうかと思い書きました。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ