コラム 「日本は不況とか…」

日本が不況とか言われて淋しい話しが多いですが、冷静によーく考えてみましたね。

 

日本は、すごい貿易黒字国で、こんな国はそんなにありません。

また、資源がないじゃないかと言われますが、日本の領海というのはとても広くて、

その水域には、膨大な資源があると言われています。

 

以前、紹介したことがあると思いますが、天然ガスが、氷になっているメタンハイドレートは、

日本国内需要の30年分があることは調査で分かっています。

おそらくもっとあり、100年分位じゃないかと言われています。

また、ウランについても、日本は海水からウランを抽出する技術も進んでいて、

日本へ海水が毎年黒潮に乗ってウランを500万トンも運んでくるということです。

それだけでも日本で使う600年分だということです。

ただ、コストがかかるので、そんなにやっていないだけで、いずれコストが下がり、

いずれ日本はウランの輸出国になると言われています。

また、今すぐノーベル賞をもらってもおかしくない人が日本では20名位いるとも言われていて、

圧倒的な技術力があると言われています。

 

ハイブリッドも、トヨタ、ホンダしか出来ないですし、電気自動車も、アメリカ、中国は

全く日本に追いついていません。

 

神戸製鋼の開発したアイティ・マークスリーという技術は、世界の製鉄を一変させる技術です。

送電技術も住友電工の送電ロスをなくす「高温超電導ケーブル」があります。

とても高い技術を日本は持っています。海水を淡水に変える旭化成の技術もすごいです。

そればかりか、ハローキティ、ポケモンなどの文化も世界中に広がっています。

 

日本のアニメは世界中に影響を与えています。中国の奥地にドラえもんのDVDや

セーラームーンがあったことに私は驚いたことがあります。

 

また、外国にいると、日本がお客に対してとても質の高いサービスをしていることが

良く分りますね。私の親戚で、岐阜にある「未来工業」という会社に勤めていた人がいますね。

 

ここは、年功序列賃金で、休暇も年140日もあります。

それでも高収益を確保している会社です。人間を大切にする経営をしています。

 

大切にすれば良質の製品が出来ると思いますね。経済の規模は小さくなると思います。

 

ガソリンをがぶ飲みする車は消え、大量の電力はLEDにより必要なくなり、反面、

送電ロスもなくなり有効利用できます。

インチキ広告で無理やり作られた需要はなくなり崩壊していくと思いますね。

 

日本はフラフラせずに、人間にとっての幸せ、豊かな生活を目指して行けばいいと

思いますね。

 

そうすれば、キラリと光る素晴らしい国になると思います。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ