コラム 「日本のお金持ち」

兼ねてから、大金持ちの人は不幸であるという自論を話していますが、

その根拠になるような文章がありましたので紹介したいです。

 

「金持ちは金目当てで金持ちの周りに集まる人としか交際しないから」、

「金持ちの周りに集まる人は」「おこぼれが欲しいのである」

「だからおべっかを使う。」

「したがって、金持ちは自分が尊敬されていると誤解するのである」
(The Lamyens Februany2011,56頁)。

 

と書いてある。誠にそうですね。

 

日本は対外純資産が225兆円もあり、世界一のお金持ちだと、外国から見られています。

GDPが中国に抜かれたとか大騒ぎしていますが、この対外純資産が国際的なバランスを

考える時に大事です。

 

日本は世界中に資産を持っている大金持らしいです。

そういう点から、日本が不幸にならないように思う次第です。

日本人は、お金がなくても豊かに暮らす伝統があったと思いますが、それはいったい

どこへ行ったんでしょうかね。

 

2000万の年収を捨てて、100万の年収の農業へ転身した人の話を聞きました。

なんとその人、最近は使うこともなく、貯金が出来るようになったと言われました。

 

一体、我々は何をあくせく頑張っているのでしょうかね。

  mae

Copyright© 2008 ito kunihiko All Rights Reserved.

アイ・ブレイン サニッシュ